水滴

スポーツウェアから調理器具まで幅広い活用方法がある撥水剤

撥水剤使用の製品にはどんなものがあるのかを紹介

工場の機器

工業用の撥水剤、フッ素コーティング剤が使用されている製品にはいったいどんなものがあるのか、知っておいて無駄にはなりません。実はこの撥水剤、あまり知れ渡ってはいないかもしれませんがかなり幅広く使われています。例を挙げるなら、運動時に着用するウェアが該当します。ウェアがすぐにべたつくようでは気分を損ねてしまいますが、撥水剤の使われているウェアだったらそうなりにくいです。撥水剤によって常に気分爽快な着やすさをキープしますので、運同時に着用するウェアに使われているのは理に適っています。
また使われているのは、ウェアのような衣類だけではありません。フライパンや鍋といったキッチンで活躍する調理器具にも、フッ素コーティングの撥水剤が使われていたりします。撥水剤が使われていることによって調理がしやすくなるわけですから、キッチンに立つことが多い人にとってはフッ素コーティングされているかどうかを気にして調理器具を買ったりします。
こうして例を挙げてみても多数の製品に使われているのがフッ素コーティングだとわかりますので、人の生活を陰で支えているといっても差し支えありません。これらの製品が使いやすいのは、撥水剤のお陰だといえる部分があります。

撥水剤の効果のフライパンで作業効率をアップさせよう

どの家庭でも持っているお鍋やフライパンですが、ほぼ毎日使うものなので、お手入れもラクに使いたいですよね。料理をしていると、どうしても焦げ付きやこびりつき、油などがついてしまいます。最近は、フッ素コーティングの加工がされた鍋やフライパンも出てきています。フッ素コーティングによって、撥水剤の効果で、水や油を弾きやすくなるため、焦げ付き防止や、こびりつきの予防になるので、とても便利です。
撥水剤の効果は、洗ってもキッチン用スポンジでこする程度なら、はがれることもなく何回も使用出来ます。そのフッ素コーティングの撥水剤の効果は、鍋やフライパンによっては、相当長く続くのも嬉しいポイントです。フッ素コーティングの鍋やフライパンは、コーティング無しの商品に比べて、価格はすこし高めになってしまいます。
しかし、それ以上の便利さがあるので、買い換える機会があるときには、ぜひフッ素コーティングの加工のしてある鍋やフライパンを購入することをおすすめします。フッ素コーティングをしてあると、こびりつきや汚れがついても、軽く洗うだけでつるんとはがれます。さらに、肉などを焼くときは、焦げ付きにくいので、油は少量に出来て、健康的な料理が作れます。フッ素コーティングの鍋やフライパンを上手に使って、楽しく効率よく食事を作りましょう。

フッ素コーティングの特徴は撥水剤としての効果につながる

様々な薬剤を表面に塗布することで、その製品の性能がより向上したり、利便性が増したりする例は沢山あります。例えば、防錆剤を使えば、金属がさびにくくなり、見栄えの良さを長く維持できると同時に、錆びによる金属の劣化を防ぎ、耐久性向上に役立ちます。また、撥水剤を使えば、繊維であれ、車などの金属であれ、表面が水をはじきとばして吸着させない性質を帯びます。このため、水に濡れにくい衣服、水溶性の汚れに強い車などが出来上がります。撥水剤や防錆剤など、便利な薬剤の効果をまとめて発揮できるコーティング技術が、フッ素コーティングです。
フッ素コーティングの特徴は、製品に塗布してそこにフッ素樹脂の薄い膜が出来ると、その表面に接触したものの粘着を妨げることです。接触するものが水であっても油でもあっても、同じ効果を発揮するのが顕著な特徴で、前者の場合、撥水剤、そして防錆・防湿剤としての効果を発揮しますし、後者の場合は防汚剤として、脂溶性の汚れに強い特性を製品に付与します。
1種類のコーティングでいくつもの優れた特性を付与できるということは、経済的な上に、製造手順もシンプルに出来るので、効率の面でも優れた加工方法と言えるでしょう。


『株式会社フロロテクノロジー』は撥水などの問題をスムーズに解決に導くようにサポートいたします!お電話またはメールにてお問合せ可能なのでお気軽にご相談ください!撥水剤の事なら『株式会社フロロテクノロジー』皆様からのご連絡お待ちしております!

TOP